本文へスキップ

















五中・五高・熊大 130年を祝う会 武夫原会大同窓会を開催

平成30年11月4日(日)、熊本大学黒髪キャンパスで、「五中・五高・熊大130年を祝う会・武夫原会大同窓会」が開催されました。五高の前身である官立第五高等中学校創立から第五高等学校及び熊本大学へと続く130周年を機に、五高から続く熊本大学文学部、法学部、理学部、武夫原会、理学部同窓会の合同主催で開いたものです。
 まず熊本大学法学部教室で、午後1時半から記念式典、同2時から記念講演会(講師:熊本大学永青文庫研究センター・今村直樹准教授、演題:「近代日本の学校教育と熊本藩-藩校時習館から第五高等学校へ-」と続き、同3時半から百周年記念館で、ホームカミングデー懇親会との合同開催で、パーティーを開催しました。パーティーには武夫原会150人を中心に、理学部同窓会、大学職員など230人が参加し、盛り上がりを見せました。
 なお、熊本大学武夫原会においては、今後5年に一度大同窓会を開催することとしており、開催時には会報及びホームページ等でご案内いたします。

当日の模様はこちら


メールはこちらから

スマートフォン版